稲葉正毅の心理学講座:行動経済学や社会心理学を用いた、ビジネスシーンに活用できる心理学を解説します。どういった心理の時に人が物を買うのか?商品を買う時の顧客の心理がわかればあの落ちない人もくどきおとせるかも。 心理学をマーケティングに取り入れれば、売り上げは大幅にアップするでしょう。


Home > 希少性の価値 > 希少性の価値

希少性の価値



人は限定品に弱いものです。


それは、経験上、手にするものが難しいものは、それだけ貴重なものであることが多いので、
希少性の高いもの=素晴らしいもの という計算が自動的に働いてしまうからです。


なかなか手に入らないバッグや、日本に先駆けてアメリカで発売されたゲーム機など手に入りにくいものが、偶然売っている場面に遭遇したとしたら...?


普段欲しいと思っていなくても、つい買ってしまいたくなるのではないでしょうか。


手に入りにくいということが、そのものの価値まで高めてしまうことを【希少性の原理】と呼びます。


手に入りにくいゲーム機は休日に整理券を手に入れないと買えないので、
開店前から並んで開店と同時に Sold Out(売り切れ) です。


でも、また週末には同じ数だけ入荷する...。


これもメーカーが希少性の価値を知っていて、商品を小出しにするという戦略をとっているわけです。
一度にたくさん作って、売れ残って棚に並んでいる商品には誰も見向きはしません。


僅かしかない...という希少性、限定性だけで人は競って購入するようになります。




2007年02月19日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://wangan.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/66

Entries

Archives

サイトマップ

稲葉正毅の心理学講座サイトマップ

Search